59e80d85.jpg

『大人』というのは、

ものごとを自分の個人的な基準に基づいて判断し、

その責任をひとりで引き受けることのできる人。

さらに”大人じゃない人たち”の不始末や、

手抜きを黙って片付ける人のこと。

内田樹の「14歳の子を持つ親たちへ」という本の中の一文である。

23歳の分際で女の子と二人きりで食事に行ったことすらもなく、

絶望的に常識も知性も無い。

学習能力もなければミジンコほど仕事も出来ない。

その精神年齢はマイナス5歳で、

ママの卵子からやり直したい今日この頃のMBスタッフ見習いのM村君。

先日のバレンタインデーの奇跡で株を上げた矢先、

つまらないミスを連発。

「おんどりゃー!このミジンコクズ野郎!」

と松井からラインで怒られ、

「すいましぇ~ん」

と武田鉄矢の物真似にしては微妙に似てないのと、

微妙にカチンと来る謝り方に松井はキレかかった!

ところが、MBの良心であり、MBを代表する大人、

さらには、M村君の心の師、押方☆匡介氏が、

3335ebed.jpg

「M村君ね、うんとね、それはだめですよぉ~」

と優しげで愛のあるまなざしで、

キモいだけで全く可愛くないクソクズM村に語りかけたのだ!

「こ、これは”気”があるかも?!」

ひょっとするとひょっとして!

あの頑固一徹な押方☆匡介氏が弟子を取るのか?

『押方』というのは、

ものごとを自分の個人的な基準に基づいて判断し、

その責任をひとりで引き受けることのできる人。

さらに”大人じゃない”M村の不始末や、

手抜きを黙って片付ける人のこと。

繋がった!

そうだったのか・・・・やはり・・・

大人と押方。

どちらも、”お”から始まり、

一方で、”な”と”た”で終わる。

ええ。

もちろん意味はありませんとも。

2699340f.jpg

ミスをしたクズに食わせる飯はねぇ!

結果、3人前を頼んで2人で食べました!

冷酷な松井はM村に、

美味しいオレンジケーキとストロベリームースしかお土産を買ってません!

そんなMB事務局。

そんな俺。

仕事、やらなくっちゃ・・・・

以上!
忍押!(すお!)