o0500042612597226282
昨日の続きです!

皮膚は私たち人間にとって、

最初にできあがる部分でもあります。

受精卵という、

球体の細胞が私たちのスタート地点ですが、

何回か分割を繰り返した後、

真ん中にポコンと穴ができます。

この穴を原口(げんこう)といって、

内側が腸で外側が皮膚になります。

そのあとに骨格や筋肉、

その他いろいろな器官ができていきます。

骨格や筋肉は皮膚の中で漂っているようなもの。

頭皮を緩ませるコツは、

ぐいぐい押したり、ゴリゴリ捏ねたりせず、

ゆらゆら波に漂っているように、

ソフトに触ることが調整の効果を引き出しやすいです。

(このドーゼ量が難しいのですが、今回の講座では、

刺激量が理解でき、すぐに使えるように小道具を用意してます!)

さて、そんな皮膚の下にあるのが筋肉ですが、

顔には表情筋といって、

感情を表すためのいろんな種類の筋肉がついています。

また、頭部の両サイドには咀嚼筋の一つであるアゴを動かす側頭筋、

耳の周りには耳介筋なんていうのがあります。

筋肉は感情や思考の変化に反応します。

基本的に楽しいときはゆるみ、悲しいときには縮みます。

頭と顔の筋肉の緊張は当然、

頭蓋骨のしめつけに影響します。

嫌なものを見ると顔の筋肉が収縮してゆがんだ表情をつくりますよね。

毎日嫌なものばかりが目につくとこれはもう地獄です。

特に側頭部がガチガチな方は顎を食いしばって、

地獄みたいな生活をしているのかもしれませんね!

地獄=ストレス

つまり、ストレスが多い現代人は側頭筋や、

歯を食いしばる咬筋がガチガチ。

なので、側頭筋や咬筋を緩める手技も非常に大事となってきます!

(明日も続きます!)

以上!
忍押!(すお!)

line

 
MB式整体講座  3月27日(日) MB式頭蓋骨調整

***********************************************************************

・首を触らずに首を調整できます!

・急性の患者さんにも使えます!

・横向きで簡単に調整ができます!

・うつ伏せや仰向けが苦しい妊婦さんにも有効!

・今までの仰向けやうつ伏せにプラスして、さらに満足度を上げられる調整法!

・今回の内容を覚えることで、顔の治療をする時の「基礎」が出来ます!

・MB式小顔を持っている方はさらに有効活用できます!

・首回り、肩周りの調整に、もう一つ全然別の角度からの刺激を与えられます!

・頭蓋骨の「縫合」というものについての考え方・アプローチが学べます!

・今回の講座の内容を使いこなせれば、
 
 『頭蓋骨調整』というメニューを作る基礎が出来るかもしれません!

***********************************************************************

3月MB式整体講座のご案内はこちら