65ae7ec5.jpg

賢明なる諸君は当然知っているだろう。

古代、オリンピックは全裸で行われていたことを。

松井は十数年前、

イギリスの大英博物館に行き、

フルチンで戦っているレスリング選手やボクシング選手の彫刻を証拠として写真に収めました。

当時、観戦していいのは男性と未婚の女性のみ。

しかも、既婚女性が観ると死刑という法律でした。

さらに競技中はコーチも全裸!

みんな全裸。

みんなマッチョ。

で、ここからが本題。

ウエイトトレーニングなどがなかった時代に、

ローマ人はなぜマッチョが多かったか?

諸説はありますが、

古代ローマの軍団兵は兵士であると同時に土木作業のエキスパートでもあり、

戦の時には砦作るのは勿論、

道路や水道を作っていた”土方マッチョ説”

また、ローマ兵は本物の倍の重さの木刀と盾で訓練していたので”必然的マッチョ説”

あとは古代ギリシャもローマも体を鍛えることは美徳とされ、

”健全な精神は健康な肉体に宿る”

という哲学が背景にあったので、

”哲学的に一般市民も勝手に鍛えてマッチョ説”

等々、そこはマッチョパラダイス!

でした。

しかし、悲しいかな。

392年にローマの国教がキリスト教になり、

マッチョ&全裸パラダイスは滅びました。

理由は、”他人に裸を見せることを悪とする考え方”が広まったから。

それ以後のローマでは、

男までもが腕を露わにしないために、

長衣の下に長袖の下着をつけるようになってマッチョ&全裸天国は廃れていきました・・・

fee4ff42.jpg

説明しよう!

時はまさに世紀末!(もう21世紀だけど・・・)

このイカレた時代を生き抜くためにはTough Boyでなければならない!

なので巡り巡ってマッチョな時代に突入!

(全裸はやばいけど・・・)

そんなわけで本日もお仕事終了後にトレーニングをして、

仲の良いマッチョと飲み食いして交流を深めたって寸法さ!

皆も鍛えようぜ。

れっつらマッチョ!

以上!
忍押!(すお!)