0dbd5c1b.jpg
アンチェイン梶というボクサーをご存知であろうか?

戦績7戦6敗1引き分け。

一度も勝てなく引退したボクサー。

2001年にアンチェイン梶を中心に撮ったドキュメンタリー映画、

『アンチェイン』を松井は見て感動した。

今でも内容をほぼ覚えているぐらいだ。

”心の鎖を解き放て”

この映画は松井の中でトップ5に入るぐらい胸に響く映画。

負けても輝いていれば、

それは記憶に残る。

”何も持ってリングに上がるか”

仕事の合間に必死に練習し、

血だらけになっても勝利を目指して前に前に出ていた姿は美しい。

積み上げた練習、

積み上げた思い。

それは負けても見る者たちの魂に響く。

治療だって一緒。

小手先ではなく、

必死で勉強して必死に治療すれば、

患者さんの筋肉や骨どころか”魂まで響く”もの。

今日はキョウスケちゃんにそんな話をしながら朝からカツカレーを食べました。

ちなみに11針縫ったけど、

「僕は元気です!」って言ってたよ。

今夜からアルコールも解禁だってさ。

でも、飲み過ぎに注意だぜ!

以上!
忍押!(すお!)