0f9e2b95.jpg
本日は朝から大ちゃんとバドミントン。

パパは武道や格闘技が好きですが、

息子はあまり好きではありません。

空手も半年ほどで辞め、

サッカーや野球も興味ないみたいですし、

”何をしたいのか?”

と聞いても今はよくわからないみたいです。

「何になりたいか」より「何がしたいのか」が大事。

なーんて言いますが、

したいことがわからない場合もありますね。

昔、松井が子供だった頃、

亡き父親は、

「しんさんの自由にやればええ」

と関西訛りで言うのが口癖でした。(父は兵庫の宝塚出身)

親の口癖は、人生の教訓だと思う。

不自由なしがらみに苦しみ、

酒に溺れて身体を壊して54歳で亡くなった父の口癖は「自由」でした。

松井は父の墓標に”自由”と彫り、

自分も自由に生きてやると心に誓いました。

今、息子に対する口癖は、

「全力」と「大丈夫」

勝ち負けより、全力を出し切ったかどうかが大切だと思うし、

「大丈夫」と言うだけで、子供の可能性は広がっていくと思う。

ただ、松井は子育ては下手だ。

父親は甘えさせても、甘やかしてはならない。

なのに・・・・

すぐに甘やかしてしまう・・・

男教育が出来ない自分に臍を噛む思いの今日この頃です!

以上!
忍押!(すお!)