699d3ef5.jpg
殺人的に肩が楽になる技を考えました。

おそらく死んで楽になる技かもしれないけど・・・・

肩こりに関係する肩甲挙筋の調整法やら、

前鋸筋やら、大胸筋やらの調整法プラス、

「どうしたら受講生の患者さんがリピートするか?」

そんなことを考えた1日。

肩こりは女性患者さんが多いので、

美容のタッチや筋膜を意識したソフトな調整が求められる一方、

「そこが効くー!」

と強い刺激を求める顧客も多く存在する。

さらに、繁盛している治療院の共通項。

それは、説明も含めて技術だということを知っていること。

なぜこの治療をして、
どうしてこの場所を触って、
どういった変化がでるのが望ましいのか?

患者さんに説明し、
納得してもらうことでリピート率は上げているのは周知の事実。

「МB式テクニックが身に付けば、自動的にこうした患者さんの立場にたって繁盛しますよ!」

と言いたいところですが・・・・

そうは問屋が卸さねーぜ!

真っ当なことを積み上げつつ、

全てをぶち壊したい。

説明もなしに問答無用で

クライアントにプロレス技をかけたり、
(ジャイアントスイング、コブラツイスト、卍固め、ドラゴンスリーパー、その他さまざま)

けつをスパンキングしたり、

掃除機で痛いと場所を吸ったりしても・・・・

「悔しいけど、よくわからないけど、楽だ!でも、もうやめて!」

とクライアントの皆さんは喜んでらっしゃいます。

ま、要するに人の身体に絶対はない!

ということですね。

”殺人技”はやらないけど、

来月は肩こりの人がリピートしちゃう11月整体講座がありマッス!

以上!
忍押!(すお!)