a020f372.jpg
本日は師匠であり、

三軸修正法創始者池上六朗先生のセミナーのお手伝い!

80歳の師匠は三日間のセミナーを元気いっぱいに行っております!

その元気の秘訣はなんだろう?

松井が17年間観察して思うことは、

「ゆだね方の達人」

だと思います。

老子的な、

「無為自然」

に近いかなぁ。

老子の思想は簡単にいうと、

「自然のおおいなる力に身をゆだねなさい」

ということ。

(実際に本人から聞いてはいませんけどね!

約2,600年前だから当たり前か!)

この、

”おおいなる力”

は師匠にとって絶対的な法則のことだと思う。

松井は仏教でいう法則(ダルマと読みます。「たもつ」「支持する」などの意味をもつ動詞)

とも似ているかな。

しかし、長い年月を積み重ねての”無為自然”

師匠が、受講生を縦横無尽に自由な世界に導いている姿を見ながら、

頭の中でドリスディの「ケセラ・セラ」や、

ジョン・レノンの「レッツ・イッ・ビー」が鳴り響いておりました。

自由への道を奏でる音楽は心地よいです。

80歳にして裾広がりな師匠を見つめながら、

自分自身の枠が広がるのを感じました。

未だに師から大きな啓発を受けてます。

そんな有り難い1日を過ごした日でした!

以上!
忍押!(すお!)