17603798.jpg
本日はМB動画部長と打ち合わせ!

11月講座のユーチューブや、

DVDももう少しで出来上がりますので、

少々お待ちを。

そのあとは17年度の松井塾の内容を決め、

16年度松井塾ラストの12月講座内容も決める。

M村君もそうですが、

クズは知らないことに関して全力になります。

これは困るぐらい病んでいる患者さんと構造と同じ。

患者さんって「患う者」と書きます。

患う事に集中しきっている人。

目の前に花瓶があったり、

何かあっても、

”見えてません”

視界には入っても認識したくない。

眼って言うのは見るだけじゃなく、

それを情報処理するために脳を介さないといけません。

目の前には入っても処理できない。

ある程度落ち着いて、

「あら先生いつから花あるの?」

「いや1週間前からあるよ」

何てこともあります。

全力です。

病むことに関して。

全力です。

クズになることに関して。

その人は能力はある。

ただ病むこと、クズになることにリソースを使いすぎているだけ。

見ないことに全力。

クズになることに全力。

M村君は叩くだけなので簡単ですが、

松井塾生は違います。

本質の話、物事の成り立ちから理路整然と話し、

脳を引っ叩いて1年しゃっきりして頂きました。

基本の考え、立ち方ができたので来年は応用や技を色々教えようかと。

そんなことを考えながら、

来週の松井塾は17年度に向けてやっちゃいます!

以上!
忍押!(すお!)