e6123fcc.jpg
「先輩、今年もありがとうございました!」

毎年、年末になるとMBの講師であり、

MB事務局長のキョウスケちゃんが美味しいお寿司をご馳走してくれます。

今年は治療院も法人化し、

年を追うごとに立派になっているキョウスケちゃん。

素晴らしいですね。

キョウスケちゃんは「考える」ことを非常によくしております。

考え方が猶太(ユダヤ)人のように多面的。

猶太(ユダヤ)人の考え方は、

日本人の考え方とは違います。

”多面的に考えよう!”

といった場合、日本人的考え方は、同じものを違う角度から見るということ。

猶太人的考え方とは、主客転倒し、別次元に考えること。

例えば、「リンゴが木から落ちる」のを見て、

俳句の一つでも作るようなら日本人的、

なぜ落ちるかを考えるのならイギリス的、

しかし、

「何故リンゴは天空に吸い上げられずに地球の方に動くのだ?」

という、自分が見る対象が逆に自分を見るとしたらどう見えるか?

そんな主客を転倒した別次元の考え方ができるのが猶太人的考え方であり、

キョウスケちゃんの考え方がそれだ。

なかなかいない考え方のだが、

本人ではなく周りが結構面倒になるときがある。

だが、今夜はそんな面倒も忘れて飲もう!

というお話である!

以上!
忍押!(すお!)