e36d0a27.jpg
今年最初のМB式整体講座は
お陰様で大成功!
全国各地から多くの治療家の先生方に
受講して頂きありがとうございました!
月曜日にワンポイントアドバイスを
メールさせていただきますが、
ここではセミナー中に話せなかった内容を
少しだけお話ししますね。
7130f7cb.jpg

「痛み」
を軽減するのは
その人との関係性も大きく関与します。
(幼児がケガをしたときに
母親が手を当てるのと
他人のおじさんが手を当てるのでは
痛みの効果は違いますよね?)
「治す」
行為は
クライアントさんと術者同士との間で
「信頼関係」
を作ることが重要です。
この信頼関係を良好に保つ条件としては、
「不安」
を与えないことが大きな要因の一つとなります。
松井自身が数百人の先生方を指導し、
数千人ほど治療家の先生方と交流してききましたが、
繁盛してない先生に共通していること。
それは、患者さんに
「不安感」
が伝わるような手技をおこなっていることですね。
0736b400.jpg

患者さんは不安だからこそ、
来院してきます。
それを不安な気持ちで対処して
次回来院するでしょうか?
不安に思いながら治療を行うと
その思いは患者さんにも伝わります。
不安な雰囲気の治療院。
流行るはずありません。
実際に今回の講座で
松井自身が受講生の方の手技を受けながら
アドバイスをさせていただきました。
「不安感」
が伝わる手技の先生は、
やはり治療院経営も不安があるようですね。
2c8bb76c.jpg

不安があるから流行らないのか。
流行らないから不安なのか。
「治る」
ことと同類語は
「安心感を与える」
ことだと思います。
安心感を与えるためには
「自信」
を持つことです。
自信がない先生は、
何か一つに特化して、
自信をつけるのも一つの手でしょう。
眼精疲労や頭痛の治療など、
頭部の疾患に強くなりたい、
頭や顔に特化した小顔をやりたい人は
5月にМB式小顔セミナーがあります。(残り数席です)
いや、
そもそも人体という仕組みがわからなくて不安だ。
身体の見立てや解剖学を知りたい!
そんな方はMBスクールではないですが、
OCLの解剖学セミナーがお勧めです。
MBスクールをきっかけとして、
何か一つでも明日から使える手技として、
受講生のクライアントさんに喜んでいただきたい、
そしてリピートしてほしい。
そのためには当たり前ですが、
勉強かなと。
(MB式は明日から使えますが、
明日から勉強しないということではありませんよ!)
レジュメを見ながらの復習も大事ですが、
DVDの方がより深く落とし込みが出来ます。
ただ、若干時間は長いです。
熱意のある先生は数時間程度は気にならないと思いますが、
時間のない先生は、
要所要所でチェックすれば、
時間はそれほどかからず復習はできると思います。
a91b3ec4.jpg

今回も初参加の方でも安心できるように
講師 福家先生
(兵庫県で整骨院を経営してます。
不定期ですが、
名古屋でМB練習会をおこなっております!)
935e12bf.jpg

講師 井上先生
(都内でМB式整体のみで整体院を経営してます。
井上先生が主催して
МB研究会を二ヵ月に1回おこなってます。
次回は3月19日(日)です!)
ba58046d.jpg

インストラクター 浜田先生
(広島でМB式整体のみで整体院を経営してます。
4月23日(日)に広島で
МB広島セミナーをおこないます!)
97b8526d.jpg

同じくインストラクターの新井先生
(埼玉県で整骨院を経営
井上先生が主催している
МB研究会に毎回参加し、
サポートして頂いております!)
などの先生がほぼマンツーマンで指導!
その他にも松井以外の視点で
セミナーをさらに充実させるために、
7ce274de.jpg

講師 押方先生
(池袋で鍼灸整体院を経営
OCLという解剖学を中心としたセミナーを主催してます!)
による解剖漫談、
28ab74f0.jpg

大野インストラクター
(静岡で整骨院を経営。
福家先生と共に名古屋でМB練習会をおこなっております!)
による大野タイムなど、
MBスクールは松井以外にも
講師やインストラクターが充実しているので、
他の団体に負けないぐらい
セミナーの内容も雰囲気も充実しております!
懇親会も
セミナーでは教えにくい
「集客」
について具体的にアドバイスしたり、
「開業前」
の先生には、
松井だけでなく、
他の様々な経験豊富な先生方からアドバイスをもらえたり、
「第2のセミナー」
と言われるほど充実しております。
時間がある方は是非参加した方が良いと思いますよ!
次回は会場は新宿NSビル。
デモンストレーションでお見せしたように、
現代病にマッチングした
「頭蓋骨と肩の調整」
をおこないます。
こちらもお楽しみに!
以上!
忍押!(すお!)