松井塾
本日は、
2月8日(水)から始まる
17年度松井塾の準備。
今年のテーマは、
「モテる」
患者さんにモテる、
○にモテる、○にモテる等々。
治療は作品だと思う。
その『作品』というものに惚れるのがファン。
音楽や映画、ライブや舞台等々、
その人の表現する
『作品』に惚れてこそのファンですね。
治療という作品から、
色々な刺激や力を与えるからファンがつきます。
教師の五者ではないけど、
治療院は舞台。
そこではどんなキャラを設定をし、
どんな観客(患者)を喜ばせたいか?
整体講座がリピートだとすれば、
松井塾は顧客化。
松井は顧客化は三段階に分かれると思う。
①ファン=愛好
ファン化とは愛好者のこと。
一般的な顧客化を示します。
②惚れる
それにだけ夢中になり、他の事を忘れ去ること。
患者さんが放心状態になり、
惚れちゃうような技術を持ちたいですね!
(今年の松井塾はここまで行きたい!)
③ 原理主義者(ファンダメンタリスト)
絶対的に信じること。
あとは②と③の間に、
「地獄は一定すみかぞかし」
があります。
(わからない人は調べよう!)
モテる治療テクニックは、
当たり前だけど雑な手技ではダメ。
また、易者のようにメジャーな部分の悪い箇所を見抜くことも大事。
モテる人間力は、
芸者のように楽しませることも必須。
「モテる」という冗談みたいなテーマですが、
かなり深く考えますし、
昨年1年間かけて「構造」を教えてきたので、
繁盛=モテるで考えたときに、何が見え、
何をすべきか?
なんてことをやろうかと。
あとの細かい話は来月のお楽しみです!
以上!
忍押!(すお!)