昨日の武道の話の続きではないが、

鍼灸修行時代、

ある武術家&鍼灸師の方の下で修業をしていました。

 

その頃行っていたのが、

固いトイレットペーパーに銀鍼の1番(とても柔らかい鍼)を入れていく練習。

 

一枚一枚、数ミリ単位を指先で感じながら捻鍼していく。

何時間も・・・・

 

今でもMB式整体に鍼灸を併用して治療することもありますが、

その頃修業した指先の感覚は鍼灸のみならず整体にも大いに役立っています。

 

効率だけでなく、

気が遠くなりそうなことをやり込むことで基礎ができる。

 

基礎がなければ何も積みあがらないよなぁ~

 

と思いながら、

効率的な整体法を来週はセミナーしちゃいます!

 

 

以上!

忍押!(すお!)