昨日のブログでは、

意味が大事と言いつつ、

松井は生きることそれ自体に意味があってもいいと思ってます。

 

野生の動物は生きることに必死です。

 

生きる意味があることで生きているのではありません。

野生では生き残ることに意味があります。

 

必死で生きていれば生きることそれ自体が意味になる。

 

そう思ってます。

そんな生き方が幸せかどうかわかりませんが・・・・

 

まぁ、そもそも生き方は、

個々の「美学」によるところが多いのではないでしょうか。

 

滅びも美学だし、

散るのも美しいです。

 

松井自身は散りたくもないし、

のほほんと生きたいので野生は勘弁!

でも、野性味あふれるマッチョは好きだ!

なので今宵もジムでマッチョと戯れよう!

嗚呼、幸せじゃ~

 

以上!

忍押!(すお!)