最近、内面の成長は高校生ぐらいでストップし、

時間だけがどんどん過ぎていく感覚がある。

それでいて責任だけは重くなっていくのだから、

正直言って少し怖いと思う今日この頃。

 

しかし、映画監督の伊丹十三が訳した

『中年を悟るとき』(1996年)という本の冒頭に、

こんな文章が掲げられていた。

 

中年になったからといって、なにも哀れな存在になったわけでも、申し訳ない存在になったわけでもない。

若くないことを恥じる必要なんか毛頭ない。むしろ逆なんだ。

われわれ中年は象より賢く、鳥よりも狡猾であり、力強さにおいては狼を凌ぐのだ。

 

なるほど。

「力強さにおいては狼を凌ぐのだ」

 

力強さ・・・・

 

そうだ。

力強さの象徴である

 

【キン肉バスター】をやろう!

 

 

今週末は2日間の美容セミナー。

 

その打ち合わせと準備をしつつ、

我々はキン肉バスターのために努力をした。

 

意味がわからないですって?

はて。

 

意味のない事にも意味をつける。

 

それが俺たちM(マッチョ)B(ボーイ)式さ!

マッチョに突き進むぜ!

 

追伸

美容整体受講生の皆さまは「お知らせ」をご覧ください。

 

以上!
忍押!(すお!)