MBスクール受講生の皆さま。
こんにちは。

MB代表の松井真一郎です。

 

今回のメルマガは

【時短】

についてです!

 

 

昨今、治療院業界では、
売上を上げていくための施策として
『時短』が流行しております。

(МBスクールでは流行る前から「時短」の整体法を教えてました!)

 

なぜ流行しているのか?
それは、施術時間が短い方が『単価』が高く、
より、予約表の枠数が増やせるため
売上を上げやすいからです。

しかし、そこにはデメリットも存在しています。

 

「整体60分2980円」

などの時間売りではなく、

歯医者のような
効果・結果に対して、
料金をいただくのが「効果売り」

 

病院のようなクリニックに関しても同様で
施術時間に対しての料金では
ありません。

1回あたりの施術(効果・結果)
に対しての料金になっています。

よって、
整体院でも効果を売りに
しているのであれば、
時間に対して料金がいくら
というのは、
見当違いかもしれませんね。

 

病院の手術が良い例で言えば、
先生の腕が良ければ
手術時間は短いですね。

 

ただ、この「腕が良い」というのが基本です。

腕がないのに自分の都合で時短すれば
患者さんは不信感を抱きます。

「なぜ時短でいいのか?」

 

治療時間は短くとも、
説明の時間を短くしていいわけではありません。

 

「何のための施術なのか?」
「何のための時短なのか?」

 

温泉が効果が高いと言っても1時間も浸かっていたら湯あたりを起こすように、

『この施術はこういう理由だから短時間で充分です!』

と、自信を持って患者さんに話せる。

 

そんな先生なら時短でも患者さんは納得すると思います。

 

繁盛の基本は顧客目線。

 

「儲かるから」

自分目線で時短をしてもそこに顧客への配慮がなければ
どんな仕事でも上手く行かないのではないでしょうか。

 

来月おこなう11月講座は

「10分で全身疲労を取る」

15分以内に全身調整は時短ですね。

 

なぜ、揉みこねるより軽く振るわせるだけでカチカチの筋肉が緩むのか?

 

前回の9月講座の受講生の方々から
「わかりやすい!」と絶賛された

「わかりやすいМB式理論」を今回も話し、

納得できる時短の全身調整を行っていきます!

 

そんな11月整体講座に興味ある方はこちら

 

11月に入り、急に寒くなってきたこの季節。
皆さまも体調に気をつけ、元気に治療しましょう!

 

以上!

忍押!(すお!)