本日は息子と一緒に空手の試合!

【全関東空手選手権大会】

松井はAクラス一般軽量級。

ルールは素手素足で顔面パンチ以外OK!

瞬間ならつかんで顔面に膝蹴りもOK!

もちろん、顔面への蹴りもOK!

 

素手で思い切り叩き合うので、

治療家には向かない競技ですね。

 

出場人数が少ないので1回勝てばベスト4.

3回勝てば優勝。

しかし、全員強いです。

全日本の上位入賞者も交じっているので、勝つには骨が折れます。

 

一回戦は16歳の他流派の黒帯。

少年部上がりなので、16歳でもベテラン。

伸びのある良いパンチでした。

 

正面から激しく叩き合い、本選3分、延長2分、再延長2分までもつれ込み、

相手の拳が流血するまで叩かれましたが、

最後は28歳年下に手数とフィジカルで勝ちました!

道着は血にまみれながら、準決勝。

 

相手は22歳で全日本3位、全九州と全関西を制している強い子。

ローは結構当たりましたが、巧みな試合運びで判定負け。

(試合はその子が優勝しました!)

 

試合の動画は明日か明後日にはアップしますね!

 

息子も一回戦突破しましたが、2回戦負け。

隠れて泣いて悔しがっていました。

【負けて覚える相撲かな】

負けるのを恐れていては何事も向上しません。

良い経験が出来て、出場してよかったと思います。

 

勝ち負けじゃなくて生き様が勝負には大事です。

 

たかが空手の試合。

されど空手の試合。

 

仕事には関係ないですし、

逆にケガで治療院を休んだり、マイナス面も多いです。

 

でもいいのです。

 

この日のために毎朝スポーツクラブでトレーニングし、

治療の合間に総合格闘技のジムに行き、夜は空手道場。

食事も制限し、

「若い奴らにボコボコにされたらどうしよう?」

試合前はずっとそんなプレッシャーを感じながら過ごしてました。

 

しかし、考えてみれば試合に関わらず、仕事も家庭も日常も、

すべて生きるというのは楽ではありません。

 

人生を語るにはまだまだ若輩者の松井ですが、

困難のない人生など、どの人にも当てはまりません。

 

避け方もよくわからないので、

死中に活を求めるように、困難にあえて飛び込みます。

 

飛び込むと、まぁ、何とかなるものです。

 

今日の試合も辛かったです。

なので、大変有意義でした。

 

試合後、他流派の先生方や見知らぬ方々からも

「良い試合でした。熱くなりました」

と声をかけて頂けて嬉しかったです。

 

対戦相手、並びに主催者の道場関係者、

応援をして頂いた方々に熱く御礼申し上げます。

 

明日からまた気を引き締め、鍛錬とセミナーに精を出します。

 

以上!

忍押!(すお!)